<< older [m] ソロ花見 | ホーム | 餃子荘 ムロ newer >>
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】 トラックバック(-) | コメント(-) |
炊飯用土鍋
買った+物欲関係
ある日の晩御飯の準備中。

炊飯中に突然、「プッシューーー!」と、
圧力が抜けて蒸気が噴き出すような音がして、
炊飯器のどのボタンを押しても全く反応がない状態に。

そのとき炊いていた米は
「ごはん」として、ギリギリ食べられる状態になってたのは不幸中の幸いでしたが
そのまま炊飯器は永遠の眠りについてしまいました。。。

まぁ思い起こせば、買ったのは結婚当初ですから
9年ぐらい働いていたことになり、天寿を全うしたと言ってもいいでしょう。
お疲れ様でした。炊飯器クン。

でもとにかく、早急に「次」を用意しないことには、
麺類でつなぐにもスグに飽きが来るのは目に見えています。

んがっ。
炊飯器ってものすごくピンキリで、一体どうやって選べばいいのか???

もう長いこと炊飯器の技術革新をチェックすることもなく過ごしてきたワケで
いくら「美味しい」と言っても、10万円越えとか正直アリエナイ気持ちでいっぱい。
ググっていろんな意見を読めば読むほど迷う。悩む。

5日ほど比較検討を重ね、
結局、予算や評判のバランスからコレに決定。

【サンヨー ジャー炊飯器 ECJ-IZ10】

価格.comで、そのときの最安値の3万円弱で発注しました。

到着まで最短で3日。
そしてその間に週末がきてしまった…!

平日は自分の分だけなのでごまかしごまかし
パンでも麺でも外食でもコンビニ弁当でも何でもいいのですが、
週末にはダンナに食事を与えねばならないのです。。。

そして、「ない」と思うと余計に炊きたて銀シャリを食べたくなるのがこの私。(^-^;)

炊飯器でググっていたときに、しばしば目に付いた「土鍋で米を炊く」コメント。
それに炊飯器なんて メ じゃないぐらい美味しいらしい。
土鍋なら我が家にもある。そう難しくもないらしい。

Twitter友からの後押しもあって決心。
いっちょ、やってみることにしました。

あるレシピを参考に。
普通の水加減で、お米を長めに水に浸しておく。30分ぐらい。
強火にかけ、沸騰したら弱火に。で、8分。
最後に強火で1分。火を止めて15分蒸らす。

…まぁ普通に炊けました。
時間とか火加減とか、レシピによって多少違っていたりするので
結構アバウトでもいけそうな感じ。

米も乾物のひとつと考えれば、
水で戻して煮れば食べられる状態になるってことですよねー

でも、、、「土鍋で炊くと美味しくて感動する」と思っていたのですが
いつも炊飯器で炊いていたのと変わらなくてちょっとガッカリ。

+++

ま、そんなこんなでNEW炊飯器も到着。
旧炊飯器とはメーカーからして違うし、機能も9年の間にイロイロ増えているのでしょう。
「甘み炊き」「四季炊き」「もちもち炊き」なんてメニューもあってワクワク♪
当然いそいそと炊いてみます。

…うん。フツウ。
多少、もっちりツヤツヤ、甘みも出ている感じもしないでもない気がしないでもない、、、
けど、気のせいレベル?かも?みたいな。

お米がね、精米してからかなり日が経ったものなので
土鍋にしてもハイテク炊飯器でも、これ以上どうしようもない
ってことなのかもしれないので、、、

今度は“いいお米”で試してみようと思った次第。

+++

さてさて。
実はここからが本題。

前置きが長すぎますよね、すみません。。。
炊飯器を発注した翌日、土鍋炊飯にチャレンジしようとしたときに
どのレシピにしようか?とか、あれこれググっていたときに見つけてしまった炊飯用土鍋。




炊飯器を発注しちゃったというのに、、、
ここの説明を読んだら持ってかれちゃいました~

まず、安い。買った炊飯器の1/10より安い!
3000円でおつりがきます。

他の炊飯用土鍋は大抵、中蓋がついていますが
これは「本体」と「蓋」の2パーツのみ。
コロンとした形でイメージよりも小さくて軽く、ジャマにもならなそう。

(軽くて部品が少ない=手入れがラクってポイント高いのです。
買った炊飯器には、とにかく毎回洗わないといけない部品がたくさんあって。。。)

何より、「びっくりするほど簡単に美味しく炊ける」
と評価している人がたくさんいらっしゃって、
やはり炊飯用の土鍋は、家のフツーの土鍋とはきっと違うんだ!
きっとすごく美味しくなるんだ!って、、、確信しちゃったんだなぁ。

でも、3万円も投資して炊飯器を発注しちゃってるので、、、
最初はね、見送ることにしたんです。

翌週の生協のカタログで、同じモノが800円ほど安く出ているのを見るまでは。。。
だって生協なら更に、送料もかからないしー。

「これは『買え』って言ってるよね?!」ってことで、、、
思い切って買っちゃいました…!

+++

そして、結果的に

大・正・解!

10倍の値段の炊飯器よりも美味しく炊けます。
(もちろん、同じお米で比べていますヨ。)

炊き方が難しい…?
いえいえ、全くそんなことはなく
結構、許容範囲が広いみたいです。

火にかける時間が数分長かろうが、火加減が多少弱かろうが、
あるポイントを外さなければ、
「それなりに美味しい」~「すごく美味しい」状態に炊けるようです。

で、その「あるポイント」とは、、、

…と、その前に。標準の炊き方をば。(2~3合用です。)
またこれもカンタン!

まず、普通に研いで普通に水加減してください。
水加減も、鍋の内側に2合と3合の線があるのでラクチンです。
そしたら、、、

1. 吸水30分
2. 中火で15分
3. 蒸らし20分

これだけ。

しかも、吸水と蒸らしはきっかり時間通りの必要なし!
吸水が20分でも、1時間でも問題ないのです。

※吸水・蒸らしとも15分ぐらいでもそれなりに美味しくできますが、
吸水30分、蒸らし20分ぐらいしたほうがグッと美味しくなります。)

3分ほど加熱時間をプラスすると美味しいおこげができる♪
ってなもんで、多少、加熱時間が長くてもOK~


…で、今度こそ、その「あるポイント」なのですが。

加熱時間15分というのは目安で、
「蓋の蒸気穴から勢いよく湯気が出始めてから3分で火を止める」
ということだけ覚えておけば失敗はない、ということ。

「中火」って難しいじゃないですか。
多少、加熱が多すぎてもおこげができるだけだけど
加熱が足りなかったら、、、美味しくないだろうなーと想像できます。

で、15分経過したときに湯気を見て
シューシュー勢いよく出ていたら火を止めてOK。
「全く湯気が出ていない」~「やっとチョロチョロ出始めてる」ぐらいだったら
少し火加減を強くして、湯気がシューっと出るのを確認して
そこから3分加熱してあげてください。

3回ぐらい炊くと、この鍋にちょうどいい「中火」がわかってくるので
そうなったらもう、タイマー15分かけてジリジリ鳴ったら火を止めるでOK。
古米でもツヤツヤふっくらごはんに炊き上がります。
おこげも香ばしくて美味しいですよ!


炊飯器と比べて劣っているのは、、、
・お米を研ぐのから炊き上がりまでが1時間強かかること
・火にかけてから15分後に火を止めるという工程が増えること
・朝起きたら炊けてるという状態にはできないこと
・保温機能がないこと

でも、皆が口をそろえて言うように
「炊飯器よりも美味しく炊ける」のは間違いないです。

あと、残ったらこの鍋のまま冷蔵庫で保存して
レンジでチン(鍋のままレンジはNG!)して1日後ぐらいまで食べましたが
炊飯器の保温で1日後のごはんよりも美味しかったですヨ。


あ、そうそう。
炊飯用土鍋には中蓋があるものが多いんですけど
これには中蓋はないんですよ。

でも、中蓋の主な存在意義は「吹きこぼれ防止」なんですって。

レビューを読むとたまに「吹きこぼれが大変!」って言う人がいますが、
たぶんそれは火加減が強すぎなんだと思います。
私はこの土鍋で今まで一度も吹きこぼれたことがないです。
中蓋がない分、洗うパーツが少なくて、とても私好みです♪



2000円ちょっとでこの満足感。
炊飯器を発注する前だったら、、、と思うとかなり悔しいです。。。

皆も一緒に炊飯用土鍋で感動を味わおうze!
【 2008/05/14 17:34 】 トラックバック(0) | コメント(0) |
<< older [m] ソロ花見 | ホーム | 餃子荘 ムロ newer >>
= comment =
= please comment =






= trackback =
trackback url
http://antismoke.blog82.fc2.com/tb.php/107-80dbcb4e
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。